ポプラの梢

iHerb購入品紹介や、ロック、映画、文学レビューも

【奥田民生/真心ブラザーズ】「30th J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE supported by azabu tailor」セットリスト&参戦レポ

概要 30th J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE supported by azabu tailor 2019年3月9日(土)開演14:00(両国国技館)枡席 奥田民生(ユニコーン)真心ブラザーズ竹原ピストル田中和将(GRAPEVINE)平井大石崎ひゅーいAnly ゲストアクト: THE CHARM PARKオープニングア…

【星野源】DOME TOUR 2019 「POP VIRUS」2/27 東京ドーム セットリスト&参戦レポ

星野源の5大ドームツアー星野源 DOME TOUR 2019 「POP VIRUS」が始動し、2/27から二日間に渡り東京公演が「東京ドーム」にてが開催。2月27(水)に行なわれた東京ドーム に行ってきました! 概要 星野源の5大ドームツアー星野源 DOME TOUR 2019 「POP VIRUS…

食物繊維としてかなり良さげなオオバコの魅力と使い方

ここでは、イヌリン、難消化性デキストリンという食物繊維とオオバコを比較します。 イヌリン、難消化性デキストリン、オオバコと比べると・・・?

美容と健康のためにサバ缶をガンガン食べる【レシピ紹介あり】

サーモンとサバが健康にはいいよ!という研究結果があり、サーモンをガンガン食べている私ですが、ではサバ缶は?どのくらい食べたらいいのだろうということで調べました。

夏目漱石『坊っちゃん』~あらすじを読む~ 

『坊っちゃん』は、一から十一章に分かれています。1906年(明治39年)、『ホトトギス』第九巻第七号(4月1日発行)の「附録」(別冊ではない)として発表されました。 登場人物 坊っちゃん この作品の主人公。下女である清がが主人公をこの呼び名で呼ぶ。野…

「ファイトケミカル」で老化を防ぐスープレシピ

2018年3月11日(2月18日)放送の「所さんの目がテン!」の「野菜くずで抗酸化作用」にて、野菜くずのスープが紹介されました。「抗酸化作用」が大好きな私の覚書です。

偽物があるって知っていた?|本物のオリーブオイルブランドリスト

料理に欠かせない「油」。食用油には、さまざまな種類の油があります。 そのなかで、身体に良いとされているのがオリーブオイル。 オリーブオイルはスーパーなど今ではどこでも買えるものとなっていますが、そのなかには、オリーブオイルに(酸化した油と呼…

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年)|あらすじ・レビュー

あらすじ 鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千…

なかなか見つからない本も見つかる古書検索サイトまとめ【随時更新】

古書、絶版本、稀覯本たちは、読みたい!と思っていても新刊書店やAmazonでは見つからないことがしばしばあります。そんなときに調べる検索サイトをまとめています。 また本を安く手に入れるための検索サイトも紹介します。 日本の古本屋 スーパー源氏 書籍…

化粧水なんていらない!スキンケアはココナッツオイルだけでいい理由

私が紹介するのは、こちら。 メンタリストDaiGoさんが動画で紹介していました。 肌には美容液やココナッツオイルなどもほぼ浸透しません。ココナッツオイルは油です。保湿という観点からすれば、他のものでも、ココナッツオイルはココナッツオイルのようです…

シミが消える?レチノールクリームを使った半年の効果と注意点

レチノールは、シミやシワ、毛穴やニキビ、毛穴に効果があるといわれているレチノールクリームを半年使っている私が、どのように使っているかをご紹介したいと思います。

好人好日(1961)|感想・レビュー

新文芸坐にて、『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』刊行記念として岩下志麻出演作品特集をしていました。『秋刀魚の味』との2本立てて鑑賞してきました。

秋刀魚の味(1962)|感想・レビュー

新文芸坐にて、『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』刊行記念として岩下志麻出演作品特集をしていました。『秋刀魚の味』との2本立てて鑑賞してきました。

中島敦『山月記』~あらすじを読む~

高校の教科書で、初めて読んだときは、読みにくく、まったく面白さを感じられなかった。私にとって漢文調の文体は、さらさらと読みやすい文章ではないので、話が入ってきませんでした。 今回読み直すにあたって、『林修の「今読みたい」日本文学講座』の本で…

中島敦『文字禍』~あらすじを読む~

そもそも文字とは何なのか? 作者である中島敦の内面から考える鋭く、冷静な考察が冴えわたっている作品。 あらすじ 毎夜、図書館で怪しい声がしているという噂があった。 治世第二十年目のアシュル・バニ・アパル大王は、 碩学のナブ・アヘ・エリバ博士に事…