サイトーク

saitoiの語れるだけ語るブログ。ジャンルは★ロック★映画★文学★

カメラを止めるな!(2018年)

すごく話題になっているということで、素直に鑑賞。

久しぶりに、ゴジラのところの映画館に行ってきました。

座席は、ほぼ埋まっていて、賑わっていました。

 

鑑賞直後は、「うーん、期待しすぎてしまったかもしれない」という感じがありました。もうひと展開あるのかな!?と期待が期待をよんでいたのかもしれません。私がミステリ好きだから、こねくり回すくらいのどんでん返しを勝手に想像していました。

この作品は、「裏切られた!想像をしていなかった!」というような感じではありませんでした。

 

しかし、自主映画、かつゾンビ映画ということを、うまく逆手に取っていましたし、他の作品とは違って、ガッカリ感がなく(大どんでん返し系のストーリーではなかっただけ)楽しめました。

 

観客が笑えるシーンが、ちゃんと用意されていて、笑っていいんだっていう、「安心して笑う」箇所がたくさんあって、素直に笑えたし、他の観客の笑い声も聞こえていて楽しい映画でした。

「カメラを止めるな!」というタイトルは、すごい合っていると思うし、カメラを止めないことを起点にして、このストーリーは書かれているのでしょう。

 

前半のモキュメンタリーの伏線を後半で拾っていくのだが、分かっていても笑ってしまうというポップさが全開でした。

最後のシーンは、大団円的な部分もあって、集約されていくのが、自主映画っぽくて、私は好きでした。

 

ヒロインの女の子が、ひたすら可愛かった、屋上に駆け上がる後ろ姿、最高です。可愛いは正義だと思いました。

 

------------

2018.8.27 TOHOシネマズ 新宿にて。