サイトーク

サイトイの語れるだけ語るブログ。ジャンルは★ロック★映画★文学★

【神社仏閣巡り】叶神社/長谷寺

東叶神社・西叶神社

東叶神社

浦賀にある神社へ参拝。

歩いても十分行ける距離でしたが、「新町」までバスに乗っちゃった!笑

そこから少し歩きます。

入ると、参拝客はまだいなくて、お参りへ。

奥宮があり、荘厳な森をくぐりますが、行きたかったのだけれど、くもが苦手で上がることができず。

下へ降りると、猫さんがいました。大きい猫さんでした。また会いに行きたいなあと。

そこから身代わり弁天にお参りをしました。ちょうど、神社の方が火を灯すところで、すこしお話をさせていただきました。いい人でした~。

お参りしていると、火がぼうぼうと揺れていて、すごかったので、お母さんと眺めました。社務所でお守り袋を買い、西叶神社を目指します。

f:id:saitoi:20181126133940j:plain

西叶神社

「浦賀の渡し」にて、川を渡りました。小さな船でゆらゆらと。よく欠航することがあるようですので、行く方はお気をつけてくださいませ。

船が止まっていないときは、ピンポン(玄関にあるような)を押すと船がこちらに向かってきてくれるのが、なんだか愉快な気分でした。

西叶神社は、船着き場からすぐに見えるところにあります。

11月現在は建て替えをしているようで、仮宮にて参拝いたしました。

そこで、ハート形の石を発見・・・!

f:id:saitoi:20181126164545j:plain

社務所にて、勾玉を購入し、東叶神社で購入したお守り袋に入れます。

お母さんが事前に調べた情報ですと、勾玉を水で清める?らしく、水場を探します。

神社の方に、勾玉を水で清めたほうが良いか聞いたところ、そのままで大丈夫だそうです。

「すでに清めてあります。」とのこと。

良く考えたら、そりゃそうだよなと。いろいろな人に水で清めることを聞かれているようで・・・ご苦労様です。

 

長谷寺

人がとにかくたくさんいました!

長谷寺は有名なのですね、と肌で感じました。アジサイの季節はさぞかし綺麗なことでしょう。

阿弥陀堂・観音堂

阿弥陀堂は、左右に立派な仁王像がいて眺めてきました。

観音堂は、想像しているよりも豪奢な感じで、すごかった。金粉は降ってきそうな煌びやかさを放っておりました。

ろうそくの薄明かりのなかで、心地よいお香の香りがしておりました。

入って右手には、弘法大使ともうおひと方の仏像がありました。

二人とも、ぬめやかな肌で、落ち着いた雰囲気でした。生きている感じというよりは、仏像という感じでしたね~。細やかで、丁寧なつくりは、表情が変わるような印象を受けます。

入って左手には、一石一字経という、石に一文字般若心経を書くというのをやりました。私は「行」でお母さんは「深」でした。

見晴らし台・海光庵

見晴らし台は、民家が高くないので、海まで一望できます。

わーいと思って見ていましたが、隣接する海光庵で休憩するとそこからの景色が絶景という。竹は塩害で少し枯れておりました。笑

お寺のカレー、お寺のパスタなるものが食べられます。

 

写経ができるそうです。また、長谷寺文庫なるものがあり、本好きの私としては今度はそこも覗きたいところです。

長谷寺文庫 - 鎌倉 長谷寺 観音ミュージアム