サイトーク

サイトイの語れるだけ語るブログ★美容効果にこだわるアラサ―のiHerb購入品紹介★そのほかロック、映画、文学レビューも

【BOOKレビュー:対談本】自分を愛すると夢は叶う(吉本ばなな 奥平亜美衣)

吉本ばなな 奥平亜美衣 自分を愛すると夢は叶う

 

作者は吉本ばなな、奥平亜美衣。

とてもスピリチュアル色が強く、読んでいる間は、めずらしく苦痛でした。「世界は愛しかない」という言葉が飛び出てきた時は、ぎょえー!となりました。これ読んでて意味あるのか?と自問自答を最後まで問い続けた本でした。そう考えると、自分自身、真面目に本を読みすぎている気もします。

この本は、亜美衣さんが吉本ばななさんをゲストにした対談本です。

最後まで読めたのは、吉本ばななさんが、ぎりぎりこっち側にいたからだな、と思いました。

科学的データなどがないにもかかわらず、

意外と、科学的に立証された心理行動と同じような行動を推奨していたので、スピリチュアル怖い。

難しいことはよくわからなーい♡というような女子っぽくて、スピリチュアルとかも信じちゃう女子には、逆におススメです。

なんなら、この著者にも、それは感じるところがありました。

 

この本の中で、物事は、0か100じゃなくて、60とかでもいいんだよ、というのが、個人的にはしっくりきました。

学生時代、私は「時間がなければ24時間起きていればいいんだ!」と真理を得たように言っていたと友達に言われて、0か100か、みたいなことをいつでも考えていた時期があったことを思い出しました。

 

また、40代の著者と50代の吉本ばななさんの対談は、なんとなく歳を重ねることは悪くないかもしれないと思わせてくれる本でした。

何十年も時間をくぐり抜けてきたという生きる力を感じられました。

 

最近、お母さんとご飯を食べたけど、今を楽しんでいる姿を見て、その時も、同じような感情を抱いて、なかなか歳をとるのが楽しみになってきた気がします。

この本は、壺を売る系のスピリチュアル感が満載でした。

 

辛口感想になってしまったけれど、読んで良かったです。

 

吉本ばなな 奥平亜美衣 自分を愛すると夢は叶う

吉本ばなな 奥平亜美衣 自分を愛すると夢は叶う