ポプラの梢

iHerb購入品紹介や、ロック、映画、文学レビューも

長く愛用したい本当に環境を考えたアパレルブランドは?

 f:id:saitoi:20190920172452j:plain

 

ミニマリストを目指して、服を断捨離していますが、
服というものを、別の視点で考えるきっかけになった記事がありました。
TED動画の紹介記事でした。

minimalist-fudeko.com


もともとTEDが好きなんですが、
なかなかインパクトのあるタイトルです。

「服を使い捨ててはいけない。

着ているものがあなたの生き方を表している」

どんな服を捨てるかではなく、どんな服を着るのか?と、いう問題。

服には、あまり頓着なく過ごしてきたので、
ファッション産業による環境汚染については、
なんとなく知っていたけれど、ちゃんと意識を向けてきませんでした。

このTEDではこんなことがいわれています。

衣料産業の年間の売上は1兆7000億USドル(150兆円ぐらい)。

 

日本の年間国家予算は、だいたい100兆円なので、医療産業は、大きな産業と言えます。

そして、

アメリカでは、ランドフィルに捨てられるゴミの量は、過去11年で1パーセント減ったのに、衣料品のゴミは37パーセント増えています。

(ランドフィル:最終処分場。不要品のうちリユース、リサイクルが困難なものを処分するための施設のこと)

ファッション産業による環境汚染を考えたときに、
服を作ることに考えに向きがちですが、


そもそも、服を捨て過ぎている

 

という新しい視点を提唱しています。

ミニマリストを目指す私にとって、衝撃的な言葉でした。

環境問題を考慮しているアパレルブランド


そして、これからどんな服を着ればいいのか?

環境問題を考慮しているアパレルブランドって、
どんなものがあるの? ということで調べてみました。

www.businessinsider.jp


英国王室のメーガン妃も環境問題に意識を向けていることを知りました!素敵だなー、と。

メーガン妃が着ていた服の具体的なアパレルブランドは、

・リフォーメーション
・ロージーズ
・エバーレーン

日本でも、ネット購入できそうです。

リフォーメーション
Lilian ワンピース 

re-formation-style.com

レッドもグリーンもかわいい。

ロージーズ

rothys.com

海外サイトになっちゃいますね。

エバーレーン

https://jp.everlane.com/ja-jp/about

日本語サイトが最近できたみたい。やったー!
服のテイストは、リフォメーションより、シンプルで使いやすそうです。
そして、お値段もお手頃。

 

おわりに

 

モノ(今回の場合は服)を持つときに、

物語やコンセプトも一緒に買うと考えると、
長く愛用できるのではないでしょうか。
 
少しずつ、何も考えていなかった自分から、
自分で考えて選べる人になれるように、
変わっていけるように頑張ろうと思ったのでした。
 
この映画『ザ・トゥルー・コスト』も、ちゃんと観てみる予定。
2013年ダッカ近郊の衣服生産ビルが倒壊して1,100人以上が亡くなったことにショックを受けた監督が、ファストファッションの問題を描きだしたドキュメンタリー映画。