ポプラの梢

iHerb購入品紹介や、ロック、映画、文学レビューも

かもめ食堂(2005年)|あらすじ・レビュー 

かもめ食堂

監督: 荻上直子
 
出演:小林聡美 片桐はいり もたいまさこ
2005年/日本/102分

 

20歳の頃に『めがね』を観たが、時間の流れが遅く、退屈で、つまらなかった。
荻上監督x小林聡美映画は、大体同じ感じだと聞いていて、今まで見てこなかった。

 

今になってみたら、すごく面白かった。
『かもめ食堂』には、ゆっくりと時間を生きることが描かれている。

 

ゆっくりでもいい。
そんなに自分が想像しているような速度で、生きることは難しい、といわれているようだった。

あらすじ

小林聡美演じるサチエは、フィンランドの首都ヘルシンキにて「かもめ食堂」という日本食の食堂を開店させる。
メインメニューは、おにぎり。

フィンランド人、おにぎり知らないし、客はまったくこない日々が続いている。

そんななか、初めてのお客の日本人かぶれの青年、トンミ・ヒルトネンが訪れる。
その際に、『ガッチャマンの歌』の歌詞を全部教えて欲しいと頼まれるが思い出せないサチエ。

町の書店のカフェで、日本人のミドリを見かけて声を掛ける。
「旅をしようと世界地図の前で目をつぶり、指した所がフィンランドだった」というミドリと親しくなり、やがて食堂で働くこととなる。

ある日、マサコがかもめ食堂を訪れる。

マサコは介護していた両親が亡くなった後、フィンランドまでやって来たのだった。
父を介護しているときに、ふと目にしたテレビでフィンランドのエアギター選手権を知り、おおらかな国民性に惹かれてフィンランドに来たという。

空港で荷物を紛失して足止めを受けていたマサコは、荷物が見つかるまでの間、
観光をしながらかもめ食堂へ度々来店し、そのうち食堂を手伝うようになる。

そうして、徐々に客の入りが増え始めて、かもめ食堂は、ついに満席になるのでした。

おわり。

 

レビュー

この映画をみて、あらためて思い出したことがある。
映画も本と一緒なんだな、ということだ。
観るタイミング(本なら読むタイミング)が、あるということ。

 

二十歳の頃の私には、退屈にしか見えなかった時間。
この映画は、面白い言い回しも、刺激的な事件もない。
その退屈な(だと思われた)時間を過ごすということを肯定する映画だ。

 

そして、私はひそかに、『かもめ食堂』は、小林聡美が主演を務めているが、
映画の後半部分しか出ていない、もたいまさこの映画だと思う。
もたいまさこばかり、みてしまう映画だ。

 

もたいまさこが、森でキノコ狩りをするが、ふと見上げた木々たちが素晴らしかった。
そして、私は新宿御苑にある、ものすごく背の高い木々を見上げたくなった。

 

今のところ、『パンとスープと猫日和』『かもめ食堂』『めがね』を観たが、『かもめ食堂』が一番面白かった。

 

荻上監督作品の面白いところは、同じテーマを描き続けていて、出演者がお馴染みであるところだと思う。


『かもめ食堂』では、小林聡美演じるサチエが、丁寧に生きている人物として描かれ、もたいまさこ演じるマサコが、人生に迷っている人物を演じているが、『めがね』では、それが逆になっている。

 

------------

2019.9.20 Prime Videoにて。

 

かもめ食堂

かもめ食堂