ポプラの梢

iHerb購入品紹介や、ロック、映画、文学レビューも

舞台 キャッツ(2019年)


劇団四季:キャッツ:東京公演プロモーションVTR

 

概要

日程: 2019年10月6日
会場:キャッツ・シアター

 

感想

母、母の友人、妹と鑑賞してきました。

キャッツって、キャッツ専用のキャッツシアターがあるんですね、知らなかった。

舞台だけじゃなくて、客席の壁などもゴミの装飾がいっぱい。

すごく楽しい空間になっていました。

その装飾のなかに、ご当地ゴミがあるらしく、妹と探してみました。

 

・そらじろうの大きなトートバッグ

・大井町駅のきっぷ

・ZIPのネームタグ

・うさぎのぬいぐるみ(名前わからない)

などなど、他にもたくさんありそう。

 

舞台はミュージカルなので、ほぼ台詞なしで、進んでいきました。

正直、ストーリー性は希薄なので、

展開はあまりない感じ。

しかし、踊りや音楽が多様で、とっても素晴らしかった。

舞台&客席を彩る世界観と踊りは、それだけで、価値があると思いました。

歌も素晴らしくて、生で聴けてよかったなぁと思うシーンがたくさんありました。

とくに、昔は役者だったねこのヒロインのメスねこが登場するシーンの歌声はほんとに素晴らしくて、感動ものでした。

生のオペラってこんな感じなのかな?と思ったり。

そして、オペラ座の怪人を観に行きたいなぁと考えたりしました。 

 

最後の大団円で、ねこに挨拶しようには、マジでーーー!と思ってしまった。

こんなに素晴らしい歌と踊りで彩っているのにー!?と。

 

それと、世界観を見たときに、なんとなくキングコングの西野亮廣の『えんとつ町のプペル』を連想したりしたので、キャッツにヒントを得てるのかも?しれません。

 

とても、いい経験になりました。

一度は観たほうがいい舞台です。

 

---------------------

2019.10.6 キャッツ・シアターにて。

 

劇団四季ミュージカル『キャッツ』 (メモリアルエディション)

劇団四季ミュージカル『キャッツ』 (メモリアルエディション)