ポプラの梢

iHerb購入品紹介や、スキンケアについて。

【スローファッション】長く愛用したい環境を考えたファッションブランドは?

 f:id:saitoi:20190920172452j:plain

 

ミニマリストを目指して、服を断捨離していますが、
服というものを、別の視点で考えるきっかけになった記事がありました。
それは、TED動画の紹介記事。

minimalist-fudeko.com


もともと、TEDは観たりしていたのですが、

この動画は知りませんでした。

なかなかインパクトのあるタイトルです。

「服を使い捨ててはいけない。

着ているものがあなたの生き方を表している」

どんな服を捨てるかではなく、

どんな服を着るのか?と、いう問題。

いままで、服は、かわいいかどうか?や、

安いかどうか?を基準にしか見ていませんでした。


ファッション産業による環境汚染については、
なんとなく、聞いたことはあったけど、

ちゃんと意識を向けてきませんでした。

このTEDではこんなことがいわれています。

衣料産業の年間の売上は1兆7000億USドル(150兆円ぐらい)。

 膨大な数字ということはわかるけど、

どのくらい?と思う人が多いと思います。

 

日本の年間国家予算は、だいたい100兆円なので、

衣料産業は、大きな産業と言えます。

そして、

アメリカでは、ランドフィルに捨てられるゴミの量は、過去11年で1パーセント減ったのに、衣料品のゴミは37パーセント増えています。

(ランドフィル:最終処分場。不要品のうちリユース、リサイクルが困難なものを処分するための施設のこと)

ファッション産業による環境汚染を考えたときに、
服を作ることに考えに向きがちですが、


そもそも、服を捨て過ぎている

 

という新しい視点を提唱しています。

ミニマリストを目指す私にとって、衝撃的な言葉でした。

それは、買わないということだけでなく、

「捨てない」ということに意識して

服を買うという意識が必要だということでした。

環境問題を考慮しているアパレルブランド

そして、これからどんな服を着ればいいのか?

環境問題を考慮しているアパレルブランドって、
どんなものがあるの? ということで調べてみました。

 

環境問題を意識しているキーワードとして、こちらが出てきました。

 

・スローファッション

スローファッションは、ファストファッションの対義語として使われています。

大量の衣料品がゴミになっている問題に目を向けて、

良いものを、長く使おう!というファッションの考えかたです。

 

・フェアトレード

商品の安さを生み出すために、生産者に、正当な対価が支払われなかったり、過酷な労働環境の中で働き健康被害を負ったりしている現状を変え、適正な価格で継続的に購入していこう、とする考えです。

 

・エシカルファッション

「エシカル」とは、倫理的な、道徳上の、といった意味で、

環境問題、労働問題、社会問題など、

さまざまな問題に倫理的な基準にもとづいている

ファッションのことをいいます。

 

www.businessinsider.jp


英国王室のメーガン妃も

環境問題を意識していることを知りました!

素敵ですね。

メーガン妃が着ていた服の具体的なアパレルブランドは、

・リフォーメーション
・ロージーズ
・エバーレーン

日本でも、ネット購入できそうです。

 

どのくらいの価格感なのかわかるように、

ワンピース・ドレスで参考価格を調べました。



リフォーメーション ワンピースは 25,000円~40,000円ほど
Lilian ワンピースが、可愛いです。


ロージーズ

rothys.com

海外サイトになっちゃいますね。



エバーレーン ワンピースは 5,000円~20,000円ほど

https://jp.everlane.com/ja-jp/about

最近、日本語サイトが近できました。
服のテイストは、リフォメーションより、シンプルで使いやすそうです。
そして、お値段もお手頃。

 

シサム工房 ワンピースは 7,000円~10,000円ほど

sisam.shop-pro.jp

 ちょっと、服のテイストがアジアンっぽくて好みじゃないのですが、

定番のシンプルなテイストのものもあります。

お値段もお手頃です。

 

おわりに

 モノ(今回の場合は服)を持つときに、

物語やコンセプトも一緒に買うと考えると、
長く愛用できるのではないでしょうか。
 
少しずつ、何も考えていなかった自分から、
自分で考えて選べる人になれるように、
変わっていけるように頑張ろうと思います。
 
この『ザ・トゥルー・コスト』という映画も、ちゃんと観てみる予定。
2013年ダッカ近郊の衣服生産ビルが倒壊して
1,100人以上が亡くなったことにショックを受けた監督が、
ファストファッションの問題を描きだしたドキュメンタリー映画です。
 

映画「ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~ 」予告編

 

みなさんも、ぜひ、一度洋服について、

考えてみてはいかがでしょうか?