ポプラの梢

iHerb購入品紹介や、ロック、映画、文学レビューも

グッドバイ、本を所有し続けていた、私たちよ。

f:id:saitoi:20190920172452j:plain

 Kindleに出会った

 

まず、私のなかで、Kindleは、ありえなかった。
紙の本がいちばんいいでしょ!という考えがあったからだ。

 

ある日、私が本が好きだということで、

友人がKindleをくれた。


しかし、私は、「Kindleなんてありえない」と思っていたし、
友人が使わないから、譲り受けたので、
使わないなら、捨てればいいや、くらいに思っていた。

 

しかし、使ってみるとなかなか良い。
ちなみに私が使っているのは、Kindle Paperwhite の第7世代。

 

そんななか、この記事に出会った。

人生でもう一度読みたい本をただひたすらに紹介する【Web本棚】

 

 

「Web本棚」

 

 

自分の部屋にある、うずたかく積まれた、積読本を思い出した。

 

もしかしたら、電子書籍なのでは……?

 

その考えが、頭をもたげてきた。

こうして、本を手放そうと思い始めたのだった。

 

本を手放したら気付いたこと

本を捨てると思い立って、不要な本を整理してった。
正直、身を切る思いだ。

 

言い過ぎかもしれないが、
本を手放そうと思ったとき、

まだ読んでいない本の罪悪感や、

影響を受けた本への執着心があった。

 

そして、本を自分の見栄のために所有していた。

(この記事にもそれについては詳しく書いた。

グッドバイ、本を買い続ける、私たちよ。 - ポプラの梢 )


だから、本がなくなるのは、
自分自身が削がれていっている感じがする。
……なんだか言葉の感じが切実になってしまった。

とにかく、手放してみようと、手を動かして、

メルカリでちょうど50冊、手放した。

 

そうして、気付いたことがある。

 

本が減るたびに、
身軽になっている気がする。

 

そう感じられるようになったのは、
何冊所有しているかも、何冊手放したくないのかも、
分からないまま、私の頭のすみで、
ごちゃごちゃしたまま本が存在していたからだ。

 

年が明ける前に、手元に置きたい本以外は、

手放そうと思っている。

 

そのために、パッキングパーティーをしよう、と

この記事を見て思いついた。

物を持たないと、より豊かに生きられる。ミニマリストの体験(TED)

 

 


本で自分を埋めても埋まらない。大切なことは自分の中にある。